〜9月のおすすめ薬膳食材〜

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 17:13

 

 

9月、暑さは少しやわらぐもののまだまだ暑い日は続きます。台風や秋雨前線などの影響で不安定な天候の日が増えるので体調の変化に気をつけて過ごしましょう。

また夏が終わり秋になると乾燥した空気が入り、潤いがなくなります。そのためこの時期は呼吸器のトラブルやアレルギー疾患・夏バテ・皮膚のトラブルが起こりやすくなります。潤いのある食材で予防しましょう!

 

 

<今月のおすすめ食材>

 

9月が旬の食材には

・体に必要な潤いを補う

・体力を回復する

・乾燥から身を守る などがあります。

 

その中でも特におすすめの食材をご紹介いたします。

 

【豚肉】身体に必要な潤いを補う、体力を回復する

 

【エリンギ】身体に必要な潤いを補う

 

【松の実】必要な潤いを補い、空咳や皮膚の乾燥、乾いた便秘などを改善

 

【梨】肺を潤わせる、体に潤いを与え熱を冷ます、のどの痛みや咳、皮膚の乾燥を改善

 

【栗】胃腸を丈夫にする、足腰強化

 

【鶏肉】胃腸を暖め元気にする、体力を回復する

 

 

☆梨をあげる時はすりおろしたものをあげましょう。細かくしたものでも食道で引っかかってしまう可能性があります!!

 

 

!注意!

※食材は年齢、体質、体調に合わせて細かく刻んだりサイコロ状やペースト状にしましょう。

また初めての食材は少しづつ与えるよう配慮してください。

 

元気や潤いを補い、乾燥に対応する食材を活用してワンちゃんやネコちゃんと一緒に健康的な生活を維持していきましょう!!

 

 

受付:白石

〜8月の薬膳食材〜

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 17:03

JUGEMテーマ:ペットの自然療法

8月のおすすめ薬膳食材

 

8月は一年で一番暑い季節です。

「心」の血と気の不足によっておこる心臓のトラブルに注意しましょう。また夏に潤い不足にならないことが秋や冬への養生へと繋がります。

この時期に起こりやすいトラブルとしては心臓のトラブル・熱中症・食欲不振・皮膚のトラブルなどがあります。

 

エアコンなどを利用し部屋の温度を一定に保ったり、ヒンヤリ効果のあるベッドなどを使用してワンちゃんやネコちゃん達が快適に過ごせるようにしましょう。

 

そして、この時期の日中のアスファルトはなんと50℃を超えているそうです。地面に近いワンちゃん達に負担がかからないように早朝や夜にお散歩しましょう!

 

ただ花火大会の季節でもあります。大きな音が苦手だったり敏感なワンちゃんが多いと思います。ご近所で大きな音がする場合は無理なお散歩はやめるなど気をつけてお過ごしください。

 

 

<今月のおすすめ食材>

 

8月が旬の食材には

・体にこもった余分な熱を排出する

・必要な潤いを補う

・夏バテを予防する などがあります。

 

主にスイカ、苦瓜、きゅうり、いんげん、トマト、茄子などの夏野菜が効果的です。

 

その中でも特におすすめの食材をご紹介いたします。

 

【鶏肉】エネルギーを補い、胃腸を元気にする。

 

【レタス】体にこもった余分な熱を排出。利尿作用もある。

 

【冬瓜】体にこもった余分な熱を排出。必要な潤いを補う。

 

【とうもろこし】食欲不振、むくみに効果がある。消化吸収を助ける。

 

【はとむぎ】体内の余分な熱を取る。むくみに効果がある。

 

【やまのいも】胃腸のはたらきを良くする。食欲不振に効果がある。

 

☆スイカやきゅうりなどは水分補給のためにおやつとして与えるのもオススメです!

 

 

!注意!

※食材は年齢、体質、体調に合わせて細かく刻んだりサイコロ状やペースト状にしましょう。

また初めての食材は少しづつ与えるよう配慮してください。

 

体にこもった熱を排出したり、元気や潤いを補う食材を活用してワンちゃんやネコちゃんと一緒に健康的な生活を維持していきましょう!!

 

 

受付:白石

〜7月のおすすめ薬膳食材〜

  • 2018.07.18 Wednesday
  • 16:59

 

 

☀7月は梅雨が明けて本格的な暑さが始まる季節です。梅雨の湿気が体の中に残るため、むくみやめまき、だるさなどが現れることがあります。

またこの時期に起こりやすいトラブルとして、食欲不振・熱中症・心臓のトラブル・皮膚のトラブルなどがあります。

エアコンなどを利用し部屋の温度を一定に保ったり、ヒンヤリ効果のあるベッドなどを使用してワンちゃんやネコちゃん達が快適に過ごせるようにしましょう。

 

そしてこの時期の日中のアスファルトはなんと50℃を超えているそうです。地面に近いワンちゃん達に負担がかからないように早朝や夜にお散歩しましょう。

 

 

<今月のおすすめ食材>

 

7月が旬の食材には

・体にこもった水分の滞りを排出する

・必要な潤いを補う

・夏バテを予防する などがあります。

 

主にスイカ、苦瓜、きゅうり、いんげん、トマト、茄子などの夏野菜が効果的です。

 

その中でも特におすすめの食材をご紹介いたします。

 

【牛肉】エネルギーを補い、疲労回復させる。腰、膝を強くする。

 

【枝豆】胃腸の働きを助ける。不要な水分の滞りを排出する。

 

【オクラ】必要な潤いを補う。便通を良くする。

 

【きゅうり】体にこもった余分な熱や水分の滞りを排出する。のどの渇きを癒す。

 

【茄子】体の熱を冷まし、水分を排出する。夏バテにも効果アリ。

 

☆スイカやきゅうりなどは水分補給のためにおやつとして与えるのもオススメです!

 

 

!注意!

※食材は年齢、体質、体調に合わせて細かく刻んだりサイコロ状やペースト状にしましょう。

また初めての食材は少しづつ与えるよう配慮してください。

 

連日30℃を超える暑さが続きますが、水分の滞りを排出したり、元気や潤いを補う食材を活用してワンちゃんやネコちゃんと一緒に健康的な生活を維持していきましょう!!

 

受付:白石

 

JUGEMテーマ:ペットの自然療法

〜6月のおすすめ薬膳食材〜

  • 2018.06.23 Saturday
  • 18:23

JUGEMテーマ:ペットの自然療法

 

 

☂6月は蒸し暑さを感じるようになり梅雨入りする季節です。

体に熱がこもりやすいため、食欲不振、胃もたれ、むくみ、皮膚のトラブル、嘔吐や下痢などの消化器トラブルが起こりやすいと言われています。

 

湿度が高いことでお腹の調子が悪くなる子もいます。エアコンのドライ機能などを使って湿度に注意して過ごしましょう。

また雨などの悪天候が続く日もありますが、無理なお散歩には行かず適度なお散歩を心がけましょう。

 

<今月のおすすめ食材>

 

6月が旬の食材には

・体にこもった余分な熱を冷ます

・水分の代謝をよくする

・胃腸を元気にする などがあります。

 

主にスイカ、苦瓜、きゅうり、いんげん、トマト、茄子などの夏野菜が効果的です。

 

その中でも特におすすめの食材をご紹介いたします。

 

【いわし】疲労回復しエネルギーと栄養を補う。

 

【豚肉】体力回復に役立つ。

 

【トマト】体の渇きを癒し体内の潤いを取り戻す。食欲不振に良い。

(トマトは湯がくなどした温かいものをあげましょう。)

 

【きゅうり】体にこもった余分な熱や水分の滞りを排出する。のどの渇きを癒す。

 

【みょうが】夏バテ予防

 

☆スイカやきゅうりなどは水分補給のためにおやつとして与えるのもオススメです!

 

 

!注意!

※食材は年齢、体質、体調に合わせて細かく刻んだりサイコロ状やペースト状にしましょう。

また初めての食材は少しづつ与えるよう配慮してください。

 

不安定な天候や気温差に負けず、胃腸の働きを助けたり、水分代謝を良くする食材の活用で、ワンちゃんやネコちゃんと一緒に健康的な生活を維持していきましょう!!

 

白石

今日も元気です

  • 2018.06.15 Friday
  • 09:48

🐶ミニチュアダックスのヌーちゃん今年18歳です

二週間に一度点滴とホモトキシコロジー水鍼で元気です。

2年前に膵炎になり復帰は難しいと思われました。

食事の管理と飼い主様の愛情で復帰❤

痴呆もないし、現役で散歩も行ってます


昨日は柴犬🐕の19歳の蘭ちゃんが来院してくれました。

食欲元気あり。

毛艶もピカピカ。綺麗です。可愛いです💕

まだまだ散歩も行ってます。

ごめんなさい🙏写真撮るのを忘れてしまいました


高齢ペットのケアーが多くなりました。

往診もしています。

アニマルコミュニケーションをしながら飼い主さんと一緒にケアーをしたいと思ってます。

みんな頑張れ❣

鍼灸治療

  • 2018.06.14 Thursday
  • 10:10


鍼灸治療のベテランの小豆ちゃん

ミニユチユアダックス、13歳6ヶ月の女の子

最近は後ろ足もしっかりして、毛艶もピカピカ❣

最初の頃は後肢が弱く、爪が割れたり、フケが出たり…


勿論ご飯は、小豆ちゃんにあった食材の手作りが主体です。


おやつが🍪大好きなので体重管理にご苦労していらっしゃる飼い主さん。

治療後のご褒美は、特別だから毎回頑張っています。




自然療法

  • 2011.10.07 Friday
  • 09:53
JUGEMテーマ:ペットの自然療法

                  クリックすると新しいウィンドウで開きます                 
                                         
皆さん、秋の夜長を『ペットの自然療法』について一緒に勉強してみませんか?

少し聞きなれない言葉も出てきますが、症例などと取り込みながら ペットのQOL向上に役立ててみて下さい



自然療法は、西洋医学で行き詰ったり、薬剤の副作用が激しすぎたり、体質改善や慢性疾患に対してゆっくりと免疫力、体力をつけながら治癒に向かっていく治療です。
人間も動物もある程度までは、自分で治癒できる力を持っています。
症状が改善されても、生活習慣が改善されないと、なかなか本当の健康にはなれないと思います

私達は、ペットの健康に及ぼす可能性のあるもの全てに眼を向け、時に理解できない所は、アニマルコミュニケーションなども利用しながら、一番よい方法で本当の健康を考え見たいと思います。

西洋医学も自然療法も長所と短所があります。
両者の長所を取り入れて、その子にあった治療法で、ペットと飼い主が一日でも長く健康で素敵な毎日が送れるようにすることが、最大の目標です。

治療の選択肢は色々あります。

食事、サプリメント、ハーブ、ホメオパシー フラワーエッセンス、アロマ 、アニマルコミュニケーション、 マッサージ 、気功 などなど。

身近にできる所から取り組んでみましょう。

これから少しづづ書かせていただきますので、ご参考になれば嬉しいです。

次回はフラワーエッセンスについて書かせていただきます。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

消化器

犬のフィラリア症

ネコのノミ

犬の慢性心不全

漢方

  

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM